スイーツ

パンケーキ工房「ふわわ」のパンケーキはふわふわでおいしかった!

パンケーキ工房「ふわわ」はマルイファミリー溝口2Fのフードホールにあるパンケーキ屋さんです。"パンケーキとフルーツの“最高の出会い”がコンセプトの「渋谷パーラー」プロデュースのお店"といわれると分かったような気になるのですが、「渋谷パーラー」自体を存じていない・・。「渋谷パーラー」はMAGNET BY SHIBUYA 109 の7Fにあるパンケーキ屋さんです。パンケーキ専門店の流れをくむパンケーキ工房が溝の口にあるというならば試してみようではないですか!

今回のオーダー「"ふわわ"のパンケーキ」 748円

今回オーダーしたのは「ふわわ」のパンケーキの中では最もシンプルなメニューの「"ふわわ"のパンケーキ」 748円 です。

パンケーキ工房「ふわわ」のパンケーキ

シンプルにパンケーキ二枚とホイップクリームのみの構成です。

見ての通り、パンケーキとホイップクリームのみのシンプル過ぎる商品です。

しかし、これでもかなりおいしい!

パンケーキ工房「ふわわ」のパンケーキ

写真では伝えきれないふわふわ感!

口に入れるとふわりととろけるような、ふわふわ系のやわらかな生地のパンケーキです。(スフレパンケーキと呼んでいるようです)

例えば二子新地にある珈琲館の銅板ホットケーキ(これもおいしい)とは全く方向性が異なりますね。武蔵小杉のグランツリーにある「ザ フレンチトースト ファクトリー」で以前食べたパンケーキに似ているのかもしれません(←記憶が薄くなっていて不確かです)。

半熟感があり、しっとり。フレンチトーストの内部のような感触もあり、これはちょっと癖になるかも・・。

パンケーキ工房「ふわわ」について

今回オーダーしたのは「"ふわわ"のパンケーキ」 748円です。

おいしかったのですが、パンケーキ的にはやはりお楽しみ要素が少なかった感想です(まぁ、それをオーダーしたので自己責任です)。せっかく食べるなら、もう100円程度プラスして「"ふわわ"のキャラメルバナナパンケーキ」(858円)をオーダーした方がより満足できるかもしれません。

"ふわわ"のパンケーキは下記表のとおり、おおむね100円ずつ価格がアップしていく構成です。

パンケーキ品名 価格
"ふわわ"のパンケーキ 748円
"ふわわ"のキャラメルバナナパンケーキ 858円
"ふわわ"のベリーベリーパンケーキ 968円
"ふわわ"のマンゴーパンケーキ 968円
"ふわわ"のいちごパンケーキ 1078円
"ふわわ"のフルーツパーラーパンケーキ 1188円

「渋谷パーラー」のコンセプト「パンケーキとフルーツの“最高の出会い”」を鑑みると、やはりフルーツの入った商品がよさそうですね!

▼『パンケーキ工房 ふわわ』のメニュー一覧はこちらです。

パンケーキ工房「ふわわ」のパンケーキ
『パンケーキ工房 ふわわ』@溝の口のメニュー一覧

マルイファミリー溝口2Fフードホール「HARA8」にある『パンケーキ工房 ふわわ』のメニューと価格の一覧表です。(202 ...

続きを見る

オススメの記事!

1

溝の口に住む地元民がおすすめのランチ店を紹介します!数あるおすすめランチ店から、今回は東急溝の口駅を起点にグーグルマップ ...

とろり天使のわらびもち溝の口店の「飲むわらびもち」 2

「とろり天使のわらびもち」溝の口店が2021年12月10日オープン!2020年大阪発の和スイーツ店で関西・東京を中心に出 ...

3

JR武蔵溝ノ口駅直結の商業ビル「味の食彩館」に入っていた「ベッカーズ」が入っていた3Fに「コメダ珈琲店 武蔵溝ノ口駅前店 ...

ライフ溝口店外観 4

スーパーマーケット「ライフ」の新店舗、「ライフ溝口店」が国道246沿いにて建設中です。地上4階建て、敷地面積 5,069 ...

5

東急電鉄田園都市線・大井町線の溝の口駅改札内に「しぶそば溝の口店」がオープンします!「しぶそば溝の口店」のオープンは20 ...

川崎じもと応援券 6

「2020川崎じもと応援券」が近所のどこで使えるのか?金額の高い商品も購入できる店舗があるのか?などわかりにくい印象があ ...

ポンパドウル人気ベスト10 7

マルイファミリー溝口のポンパドウルでは、過去前月の人気ランキングが掲示されていました。ずっと気になっていたので写メ(←古 ...

8

自由ヶ丘の二郎系ラーメン店「豚島」が 2号店となる「ラーメン豚島 溝の口店」を 11月2日にオープンするようです。 ★本 ...

TALUTO DOT COFFEE 9

武蔵新城の駅前、西友近くに「TALUTO DOT COFFEE」(タルトドットコーヒー)が2021年8月21日にグランド ...

-スイーツ
-, ,

© 2022 溝の口ブログ