溝の口、武蔵溝ノ口周辺のカフェ、スイーツ、食事の口コミ情報を中心に紹介。

溝の口ブログ

イタリアン

二子新地のイタリアン「ニコ ルーチェ」。ランチの満足度高し!

「高津駅」、「二子新地駅」の中間の大山街道沿いある、イタリアン「ニコ ルーチェ」を紹介します。ランチで利用したのですが、リーズナブルな料金でしっかりとしたイタリアンを楽しめるお店でした。何よりも料理が美味しくて、オトナの方が接客してくれる。これだけでコスパ最強!と思ってしまいます。駅からは少し離れますが、今後もぜひ利用したいお店の1つです。

「二子」に「ルーチェ=光」で「ニコ ルーチェ」だそうです。

素敵な公式Webサイトがあるのですが、価格などについては記載がありません。

今回の価格やメニューの情報は、2019年2月17日現在の内容です。最新の情報については、店舗などでご確認を。

「ニコ ルーチェ」のランチメニューについて

「ニコ ルーチェ」のランチメニューは 1,000円、1,500円、2,500円の3種類とシンプルです。パスタは3種類から選択可能です。パスタコースにはメイン料理が付き、お肉かお魚の選択が可能です。どのセットにもコーヒーが付くのが嬉しいです。

Aランチ Bランチ パスタコース
価格(税抜) 1,000円 1,500円 2,500円
 サラダ - -
 前菜6種盛り合わせ -
自家製フォカッチャ
パスタ
メイン料理 - -
デザート - -
コーヒーor紅茶

この日のパスタは、以下の3種類から選択可能でした。

  • 新玉ねぎと豚カシラ肉の白ワイン煮込みソース スパゲッティーニ
  • 自家製リコッタチーズをのせたピリ辛トマトソース リングイネ
  • 手打ちパスタ フェットチーネ 岩手産カキと新じゃがのクリームソース(+400円)

メイン料理は以下の2種類からの選択です。

  • お魚料理 鹿児島産尾長鯛のソテー バルサミコソース
  • お肉料理 信州ポーク肩ロース肉のソテー マスタード添え

いや、文字を見ただけで美味しそうです・・。

「ニコ ルーチェ」のAランチを紹介

今回注文したのは、1,000円のAランチ。それにデザートをお願いしました。

まずは、サラダとフォカッチャが出て来ました。(おしぼりも暖かくて少し香りがするのです)

サラダとフォカッチャが登場。

フォカッチャの外側がパリッとしていて美味しかったです。少しオリーブオイルが垂らされているのもよかったです。

パスタは、「自家製リコッタチーズをのせたピリ辛トマトソース リングイネ」を注文。

ピリ辛トマトソース リングイネ

パサっとしたリコッタチーズが、酸味を感じるトマトソースとまじって素敵なハーモニーを生み出します。

相方は「新玉ねぎと豚カシラ肉の白ワイン煮込みソース スパゲッティーニ」を注文。こちらもソースが美味しい!

こちらは「新玉ねぎと豚カシラ肉の白ワイン煮込みソース スパゲッティーニ」

食後にはコーヒーをお願いしました。コーヒーとともに、「自慢のティラミス」(350円)と「さつま芋とクリームチーズのブリュレ」(400円)を注文。

手前がブリュレ、奥が「自慢のティラミス」

「さつま芋とクリームチーズのブリュレ」は、さつま芋によるボリューム感とほんのりとしたクリームチーズによる絶妙なハーモニー。そして表面のパリッとした薄い歯ごたえなんとも・・!あの・・、おいしいです。

「自慢のティラミス」

「自慢のティラミス」は、マスカルポーネチーズが濃いような味を想像していたのですが、口にしてみるとスルっと溶けるような味わい。非常に心地よいバランスのティラミスでした。

デザートは別料金ですが、税込で一人1,500円のランチとしては満足な内容でした。前菜盛り合わせも頼むべきだったのでしょうが、これは次回のお楽しみです。

「ニコ ルーチェ」の感想

お箸で食べるカジュアルイタリアン「ニコ ルーチェ」。

店内の雰囲気もよく。トイレもキレイです。

外からの光も入って来て、とても良い印象。

料理は注文を受けてから作られます。日によっては店主さんが楽しそうに作ってれている姿も見えます。また、店内には調理中の美味しそうな香りが漂ってきます。

「ニコ ルーチェ」を訪問した際には、まずは 1,000円のAランチを試してみるのがオススメです。「滅多に訪問できない」という場合には Bランチ+デザートがオススメです。一人2,000円程度でかなり楽しめる内容になるハズです!(どうせならパスタコースに・・という感覚にもなりますが・・)

-イタリアン
-, , ,

Copyright© 溝の口ブログ , 2019 All Rights Reserved.