未分類

3月21日「東秀 溝の口店」が「れんげ食堂 Toshu 溝の口店」になってリニューアルオープン!!

「東秀 溝の口店」が「れんげ食堂 Toshu 溝の口店」に業態変更し、3月21日にリニューアルオープンします!「東秀 溝の口店」はドン・キホーテとマルイファミリー溝口の間に位置します。「磯丸水産」と「メガネスーパー」の間と言った方がわかりやすいでしょうか。この東秀、入り口が奥まっていることもあり、なんとなく存在感が薄い印象もあります。

オープンは3月21日。

溝の口近隣では、KSP、タワー、東高津中学校近隣の南部沿線道路沿いにあった「東秀」がすでに「れんげ食堂 Toshu 溝の口久本店」に業態変更済です。

また、オリジン東秀といえば、東急の溝の口南口にある「キッチンオリジン 東急溝の口店」にお世話になっている方も多いのではないでしょうか。(イオングループなのですね)

「れんげ食堂 Toshu 溝の口店」に。

れんげ食堂とは

リニューアルオープンする「れんげ食堂Toshu」とはどのようなお店なのでしょう?

オリジン東秀にてブランド別で店舗検索をしたところ、「中華東秀」は7店舗、「れんげ食堂Toshu」は68店舗でした。すでに「れんげ食堂」への移行の最終段階のようです。(キッチンオリジンは393店舗!)

以下、れんげ食堂Toshu の公式サイトより引用します。

和食に対する「箸」のように、中華料理には「れんげ」が欠かせません。また、植物の「れんげ」の花言葉は「幸せ」であり、「れんげ食堂Toshu」には、「れんげ(中華)」から広がる美味しい食事で、日常を幸せにしたいという想いが込められています。中華東秀で人気の定番料理メニューに加え、れんげ食堂ならではのセットメニューや、創作的なメニュー、お酒まで幅広く用意、テイクアウトメニューもあります。自宅や職場とは違った心地の良い第3の場所「The 3rd Place」として、おひとりで、仲間と、ご家族で、気軽に楽しんでいただけるおしゃれな中華レストランです。

これまでの東秀との大きな違いとしては、店舗デザインでしょうか。

美味しい料理と居心地の良い空間

美味しい料理を味わっていただくために、店舗の内装にもこだわりました。テーブル席にゆったりと座れるBOX席、おこさま用の椅子もあります。また座席間を十分にとり店内の行き来もしやすくなっています。れんげのイラストが掛かる、明るい心地の良い空間で食事をお楽しみください。

落ち着いて食事ができるのならいいですね!

メニューとしては定食が充実しているようです。

チャーハンが420円、餃子定食 370円、生姜焼き定食 590円、などなど。リーズナブルな価格の食事が提供されます。(価格は税別)

今なら「お子さまセット」が半額!

4月5日までなら、お子さま向けのセットが半額になります。→変更の可能性もあるため、こちらの公式情報をご確認ください。

新型コロナウイルス感染症防止による臨時休校処置を受け、 2020年3月13日(金)~4月5日(日)までの期間、共働きなどでお子さまの食事作りにお困りのご家庭をサポートいたします。

◆対象期間
2020年3月13日(金)~4月5日(日)
◆対象店舗
れんげ食堂Toshu(中華東秀を含む)
◆対象商品
お子さまラーメンセット 190円+税 ⇒ 【半額】95円+税
お子さまチャーハンセット 290円+税 ⇒ 【半額】145円+税
※小学生以下のお子さまが対象となります

折角なので対象のお子さまがおられるなら是非活用を!

溝の口中華勢力図が変わるか!?

溝の口の中華といえば、王将、バーミヤン、日高屋などの大規模チェーン店や独立系の 鳳凰閣(南口)、長江飯店など多数のお店があります。餃子では東京餃子軒(店舗+フードコート)、原宿餃子楼(HARA8)、肉汁餃子製作所ダンダダン酒場など。

中華系は結構激戦区だなぁ、と改めて認識しました。

今回の東秀→れんげ食堂へのリニューアルで流れが変わるのでしょうか!?

個人的には気軽に入れる定食屋さんが増えるのはうれしいです!!

-未分類

© 2020 溝の口ブログ