溝の口、武蔵溝ノ口周辺のカフェ、スイーツ、食事の口コミ情報を中心に紹介。

溝の口ブログ

麺類

二子新地の麺線屋formosaで台湾気分を満喫しながらのランチが楽しい!

二子新地駅から徒歩5分で台湾気分&台湾の味を味わえる「麺線屋formosa」に行ってきました!instagramで見かけていて気になっていたお店です!外観とは異なる店内のおしゃれな雰囲気。気さくに声がけしてくれるお店の方。ハーフ麺線+ハーフ魯肉飯(ルーロー飯)+ミニサラダのハーフ&ハーフセットで900円。(+100円でドリンクも付くのだとか)パクチーが苦手でもパクチー抜きに対応してくれるので安心です。ちょっと「台湾に来ちゃったかな」感も味わえます!オススメです。

麺線屋formosa 麺線セット

ハーフ&ハーフセット 900円。

お店の場所が若干わかりにくいです。

麺線屋formosaの場所は大山街道から少し入ったところなので、少しわかりにくいです。二子新地から行く場合には100円ローソンの前を左折してすぐです。

麺線屋formosa ここを入る

この細い道路を入ります。

少し奥まっているところにあるため、通りに入った時には見えないのですが直後に唐突に登場するのが今回紹介する「麺線屋formosa」。

麺線屋formosa 店舗外観

お店の前にはメニューが貼られているので、「何を食べようかなぁ・・」と眺めるのもいいでしょう。

麺線屋formosa メニュー

もちろん店内にもメニューはあるのでご安心を。

事前に麺線屋formosa公式ホームページでお料理の内容や価格をチェックしておくと良いでしょう。

ドアを開けると店内はウッディでキレイな印象です。席数は多くはなく、カウンター5席、テーブルは2人がけと4人がけがありました。

formosa(フォルモサ)とは?

お店の名前になっている「formosa」とはどういう意味なのかお店の方に教えていただきました。(ムッチャ気さくな方です!)

フォルモサは台湾の別称だそうです。意味はポルトガル語で「美しい」。

麺線屋formosa フォルモサの意味

メニューにも店名の解説が書かれています。

ふむふむ。なるほど。(勉強になります!)

「ハーフ&ハーフセット」を食す!

せっかくの麺線屋。麺線は食べたいしルーロー飯も食べたい。麺線屋formosaにはハーフサイズが用意されていて、ランチではサラダのついた「ハーフ&ハーフセット」がありました!今回はそのハーフ麺線+ハーフ魯肉飯(ルーロー飯)+ミニサラダの「ハーフ&ハーフセット」をオーダー。900円です。これ、結構おなかいっぱいになりますよ。

麺線屋formosa 麺線セット

「ハーフ&ハーフセット」です。

いや、そういえば麺線って・・?という疑問にはメニューに詳しく書かれています。

麺線屋formosa 麺線の意味

夜メニューの麺線の解説

確かにとろみのあるスープでそうめんみたいな麺でした。

麺線屋formosa 麺線

こちらはハーフ麺線。

実はモツが苦手だったのですが、下調べせずにオーダーしてしまい、「ん・・・?普通のお肉とちょっと違うな・・」と思いながら完食しました。歯ごたえがちょっと苦手感ありましたが、美味しかった。

麺線の食べ方についても解説書が置いてありますのでご参考に。

麺線屋formosa 麺線の食べ方解説

オリジナルの食べ方指南書。

ふむふむレンゲで食べるのか・・。

麺線屋formosa 麺線

レンゲで食べます!

麺は本当にそうめんみたいです。そうめんよりも"ふやけにくい"のが特徴だそうです。

「辛み」、「にんにく」、「台湾の黒酢」なども用意されていますので、お好みで。

麺線屋formosa 調味料

各種調味料を使ってもよし!

↓こちらはルーロー飯。八角の香りが良い!

麺線屋formosa ルーロー飯

ルーロー飯です。

「LOVE台南 台湾の京都で食べ遊び」(佐々木千絵著)では、麺線屋formosaの方がレシピを紹介されています!

麺線屋formosa 台南本

ちょっとランチに行くだけで台湾をかなり味わえました。"ことりっぷ"感、半端ないです。

また行きたいお店です!

-麺類
-, , ,

Copyright© 溝の口ブログ , 2019 All Rights Reserved.