溝の口、武蔵溝ノ口周辺のカフェ、スイーツ、食事の口コミ情報を中心に紹介。

溝の口ブログ

最新情報

ピエトロの新しいスープ店“PIETRO A DAY”が溝の口マルイ地下1Fに!

マルイファミリー溝口のB1Fにピエトロが4月に立ち上げたばかりスープ店の新ブランド“PIETRO A DAY”がオープンします!オープンは2019年6月21日(金)です。なんと“PIETRO A DAY”有楽町店に続いての二店舗目(だと思われます)!すげぇよ!マルイ!

地下一階 食遊館 であることだけは確認できます。

6月24日のオープン前に他にお店ができてしまうと二店舗目ではなくなってしまいますが・・。

“PIETRO A DAY”はどこにオープンするのか?

“PIETRO A DAY”の場所については、地下1階だといす事だけがわかっています。しかし、具体的にどの場所かまでは不明です。

灰吹屋と八百屋の間が改装中なので、そこに出来る可能性が高いと考えています。

次の候補は、AZABUと米八との間のイベントスペース。

最後は鮮魚売り場横の壁沿いのスペースです。(以前お惣菜、お弁当が販売されていた場所)

イートインを考えると、やはり灰吹屋前のミスターミニットの周辺スペースが候補でしょうか。

2016/6/15 追記

上記予想に反して、“PIETRO A DAY”は仕出し屋AZABOとおこわの米八との間(通称イベントスペース)にできるようです。

このスペース感だとイートインはなさそうで、持ち帰り専門なのかもしれません。

仮の店舗としてイベントスペースへ入居させ、後日引っ越しというパターンもありえます。

野菜の八百一が鮮魚売り場の近くに近日移動する事がわかっています。

そうするとミスターミニット付近にたっぷりとしたスペースが確保できます。そこにイートインのお店を構える可能性があります。“PIETRO A DAY”そして満を持して"100時間カレー"が11月にオープンというストーリーはいかがでしょうか・・。

参考情報 “PIETRO A DAY”有楽町店の情報

“PIETRO A DAY”有楽町店のイメージが↓これですので、ある程度のスペースは必要かと思います。

有楽町店( 物販及びカフェでのイートイン(席数10席)、テイクアウト)

ピエトロとしては、ドレッシング、パスタに続く「ピエトロの第3の柱」としてのスープ事業。その二号店が溝の口というのも面白いです。

“PIETRO A DAY”の価格帯は?

有楽町店の価格帯は以下の通り。

ブレッドボウル 800円(税抜)
丸いパンをくり抜いた中に温かいスープを入れ、上からチーズをかけた食べ応え充分のスープ。

スープ飲み比べ3種セット 880円(税抜)
〔スープ3種・ブレッドスプーン2本〕
店舗おすすめのスープを3種ご用意。季節に合わせて冷たいスイーツスープも提供します。オリジナルの食べられる「ブレッドスプーン」を使ってお楽しみください。

テイクアウトスープ 500円(税抜)
〔スープ1種・ブレッドスプーン1本 〕
店舗おすすめのスープ2種からお選びいただけます。スープに入れるショートパスタを追加できるので、気分やお腹の空き具合に合わせてお選びください。
(※ショートパスタ追加 50円(税抜))

ブレッドボウルはいいですね!(ちょっとサンフランシスコ Boudinのクラムチャウダーを思い出します)

ブレッドボウル

情報・画像についてはPR TIMESによるニュースリリースから引用。

“PIETRO A DAY”のオープンが楽しみ!

スープ店といえば、スープストストックトーキョーですが、溝の口には進出していません。(二子玉川、自由が丘、アトレ川崎、ラゾーナ川崎、たまプラーザテラス店があり)

スープ系を好む層が溝の口にいるのか?は微妙かな、とも思ったりしますが、テトテヲ などのハイセンス系の店舗も集客しており、溝の口にはまだまた余地あり!という流れもあると感じています。

新しい流れがマルイファミリー溝口にも流れてきそうです!

6月21日の“PIETRO A DAY”のオープンが楽しみです!

-最新情報
-, ,

Copyright© 溝の口ブログ , 2019 All Rights Reserved.